留学保険を選ぶポイントと重要性

海外留学準備をする際には、まず留学目的によって渡航国、通う学校、住む場所などというように、さまざまなことを決めて、準備を進めていく必要があります。そして、その中でも重要になるのが留学保険です。日本で所属している学校からの交換留学などの場合は、学校から手続きをするように必ず指示があるため、見落とすことはないはずですが、個人で留学手続きを進める際には、注意が必要となります。留学保険と一言でいっても、種類や料金はさまざまです。渡航先がどの国であろうと、必ず必要となります。国によっては、留学ビザ申請の際に、必要書類として提出が必要な場合もあります。

このような場合は、どの留学保険でも申請が受け付けられるわけではないので、ビザ申請要領をきっちりと確認する必要があります。条件を満たしていない保険の場合は、ビザの申請が受け付けられず、ビザ取得までに時間がかかってしまい、渡航予定を延長しなければならない場合もあります。日本と違い多くの国では、医療費が高額になるケースがほとんどです。ですので、国としても他国からの留学生に保険に加入してもらう必要があるのです。もし、保険に加入せずに渡航して、渡航先で病気になり病院へ行く必要があった場合に、一番困るのは留学生とその家族でしょう。たとえ、体力に自信があり、いくら自分自身の健康に自信があったとしても、住み慣れた日本を離れ、異国の地での生活となると、体調を崩してしまうことは、かなりの確率で起こると認識しておく必要があります。さまざまな保険会社があり、それぞれにいろいろなプランがあります。その中から加入する保険プランを選ぶ際のポイントとなるのは、日本語対応の病院で医療を受けられるかどうかということが、重要になります。

日本語であっても、自分の症状を説明するのは難しいと感じることがないでしょうか。それを外国語で外国人のお医者さんに伝える自信はありますか?やはり、日本語での対応が可能な提携病院を多く持っている保険会社は、安心感が違うと思います。また、保険のオプションとして盗難被害にあった際に、代替品の購入資金が保障されるものもあります。残念ながら、日本では考えられないような出来事に遭遇するケースも、海外留学中は想定されます。留学期間が長い場合は、留学保険の掛け金もそれなりの金額が必要となります。しかし、それは留学に関する必要経費であるという認識を持ち、きちんと加入する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*