音楽専門学校に進学することについて

私は中学時代から楽器を演奏することが好きで、部活は吹奏楽部に所属していました。幼少期の頃からピアノを習っていたこともあり、音程にあわせて演奏することを得意に感じていました。楽器により音程を保つことが難しい物もありますが、難しく感じる楽器ほどちゃんと演奏できたときは、嬉しさが倍増しました。中学時代は吹奏楽部に所属し、高校へ進学すると市が運営する音楽団に所属することに決めました。音楽団では自分が得意とする楽器を演奏することができたため、私自身が最も得意とするピアノを選択することにしました。ピアノは音楽の主体となることが多いので、他の楽器より責任感を感じますが、私が奏でるメロディーが主体となり、他の楽器の音と共鳴することで一つの音楽となるので、とても素晴らしく感じます。高校卒業後は音楽専門学校へ進学し、将来音楽に関する仕事に就くために奮闘する日々を送りました。

音楽専門学校で好きなことを学ぼう

音楽が大好きで華やかな音楽業界で仕事をしたいと考えている方も多いはずですが、具体的にどんな職業があるのか又どんなコースを選択すればいいか迷っている人も多いはずです。歌や楽器のプロミュージシャン、映画や音源製作関連、ライブ・コンサートでの仕事、楽器の製作など音楽業界の仕事は多岐にわたります。そこで音楽専門学校の資料請求やオープンキャンパスへの参加をしてみましょう。目指す職業ごとに様々な学科やコースに分類されており、自分のやりたい仕事やなりたい職業が見えてきます。オープンキャンパスでは新たな発見もありますし、現役生の声も聞くことができます。また、学校によっても学科やコースが異なってきますので、いくつかの学校を調べてみるのもいいかもしれません。音楽専門学校で大好きな音楽を学び、それに携わった仕事を目指しましょう。

音楽専門学校に通う人たち

音楽専門学校は全国どこにでもあるんじゃないかなと思います。やはり、内容はある程度にているかもしれませんが、当然だと思いますが学校によって特徴が少しずつ異なっているんじゃないかなと思います。ですので、自分が何に力を入れたいかで入りたい学校も少しずつ異なって来るんじゃないかなと思います。より詳しい内容としては、ネットなどで学校の公式ホームページを閲覧してみると良いんじゃないかなと思います。そうすると色々内容であったり、授業カリキュラムなどより詳しく書かれているでしょうからね。また、音楽専門学校に入ろうと考えているという事は、それまでにある程度何かで勉強しているという人もいると思います。そうすると、先生たちから此処が良いんじゃないと勧められることもあるかもしれません。第三者の意見というのも大事でしょうからね。